OGSマネジメント人事評価制度構築講座
資料ダウンロード 資料ダウンロード

経営者様の共通のお悩み

  • 人事評価制度は大事だと聞いたが、何から手をつけていいか分からない。
  • 評価制度自体はあるが、曖昧に評価してしまっている。
  • 人財がなかなか定着せず、育ってきたと思ってもすぐに退職してしまう。
  • 社員の給料をどのように決めればいいか悩んだことがある。
  • 評価制度を自己流で設計・導入している。
  • 期待していた社員を昇格させたら、
    実は仕事もそこまで出来ず現場が混乱してしまった。
  • 社労士さんに評価制度についてレクチャーを受けたが、
    自分たちの求める内容と微妙に違い、結局導入までいかなかった。
  • 高額な人事評価システムやコンサルを導入したが、
    期待する効果が得られなかった。
人事評価制度

人事評価制度が大事なのはわかっている。だけど難しい…。
とお悩みの経営者様が、特に中小企業を中心に多数いらっしゃいます。

判断基準は明確ですか?

ついやってしまいがちな
“バンドエイド”の代償

  • あんなに頑張ったのに、
    給料上がらない。
  • なんでアイツより仕事
    してるのに評価が下なんだ?
  • 何をモチベーションに
    すればいいかわからない。
  • この会社で頑張っても
    明るい将来が見えてこない。
  • いきなり部下を評価しろって
    言われてもどうすればいいか
    わからない。
  • うちの上司より
    社長から評価して
    もらいたいのに。
  • 上司の好き嫌いで
    評価されたくない。

このような声を社内で聞いた事は
ないでしょうか?

直接聞いた事がないという方でも、社長や上司の前ではひた隠しにしているだけで、
本音の部分ではこのような不平不満の声が、あちこちで渦巻いているかもしれません。


このような声を社内で聞いた事はないでしょうか?

直接聞いた事がないという方でも、社長や上司の前ではひた隠しにしているだけで、本音の部分ではこのような不平不満の声が、あちこちで渦巻いているかもしれません。

なぜ、このような状態になってしまうのか?
それはズバリ、「会社が定める基準(モノサシ)があいまいで不明確」だからです。

ゴールテープはどこかわからないが、42.195kmのマラソンを走れと言われても無茶なのと同じように、目的地や基準がはっきりしないものに、人がモチベーションを高く持ち続け、結果にコミットする事は不可能です。

このような声を社内で聞いた事はないでしょうか?

この会社と人財が共に成長していくための基準(モノサシ)が 明確ではない事が、人財が離れていく大きな原因となっています。

この状態に気づかずにいたり、対応が後手になればなるほど傷口は広がってしまい収拾がつかなくなります。

しかし、そうなってしまう事は重々理解はしているものの、、、目の前の業務に追われてしまったり、どんな評価制度にすればわからず手付かずになってしまい、社員同士の揉め事や、部下からの不満事や問題提起に対して傷口をとりあえずバンドエイドで塞いで、応急処置でやり過ごす。

そのような状態になってしまってはいないでしょうか?

このような声を社内で聞いた事はないでしょうか?
着手した時には手遅れ…なんて事も。

人事評価の構築に今すぐ着手すべき無視できない理由


無視できない理由

重要性は理解はしているものの、どうしても目の前の業務に追われ後手になってしまう人事評価の設計や構築。
しかし、そうしている間にも人の気持ちは常に揺れ動きます。
あなたの組織に属しているメンバーたちも例外ではありません。

会社が目指す方向に、自己の成長や働きがいが見出せないままだと、遅かれ早かれあなたの会社に貢献する気持ちは薄れていってしまい、段々と「不信感」「不平不満」が蓄積され、最終的には反協力的になって心も体も離れていってしまいます。

まるで別れを決断した彼女のように、以前のような良好な関係に戻る可能性は極めて低いでしょう。

大切な人財が離れてしまった後は、また同じ役割を果たしてくれる人財を確保しなければなりませんが、ご存知のように今は人手不足の時代であり、優秀な人財の採用は大手企業が独占しているような状態です。

無視できない理由
無視できない理由

また、下記の図を見てもわかるように、有効求人倍率の上昇に伴って、採用コストも年々上がり続けています。そして、新卒・中途ともに1名あたり採用コストが平均で60万円を上回っている状態です。

つまり、退職者の穴を埋めようとしても、人手不足の問題が浮き彫りとなっている昨今の採用市場では優秀な人財の確保も容易にはいきませんし、採用コストも年々膨れ上がり、私たち中小企業やスモールビジネスにとって人財確保は大変大きな課題であります。


採用コストの推移
採用コストの推移
1名あたりの採用コスト
中途
従業員規模
平均中途採用単価
300人未満
63.6万円
300〜999人
83.0万円
1,000〜4,999人
108.5万円
5,000人以上
78.5万円
新卒
従業員規模
平均中途採用単価
300人未満
65.2万円
300〜999人
80.2万円
1,000〜4,999人
72.9万円
5,000人以上
59.9万円
【引用】リクルート就職みらい研究所「就職白書2019」
大切な人財を失ってしまう前に

企業がすべきこと


企業がすべきこと

人を雇う以上は、メンバー一人一人の成果や頑張りに対して正しく公平な評価をする事が、経営者としての責任であると私たちは考えています。

大事な人財を大切にできる組織にしたい。

そのようにお考えの経営者を全力でサポートしたいという想いから、OGSマネジメントのノウハウと講座を開発しました。

企業がすべきこと

忙しい今だからこそ、採用が難しい今だからこそ、
人財が離脱しない組織を創り事業成長を確かなものに!

人事評価制度の理解・構築・運用を正しく行う事が、組織と人財が共に成長の壁を超える第一歩となります。

誰にでもわかりやすく、そして、公平な評価制度を理解・構築・運用することが、組織と人財の確かな成長を見出すことにつながる。

これこそが人事評価制度を構築・運用していく目的であり、本質になります。
自発的な社員を生み出し、相乗効果で事業成長していくために。

忙しい今だからこそ腰を据えて、正しい人事評価を正しく機能させて人財が離脱しない組織を創っていきましょう。

企業がすべきこと

OGSマネジメント
人事評価制度構築講座

人事評価制度の正しい考え方から自社方針に適用できる設計方法まで徹底サポート

OGSとは

OGSとは、OrganicGrowthSystem(オーガニックグロースシステム)の略で財務資源が潤沢ではない中小企業が内部資源(ヒト・モノ・カネ・情報・仕組み・ナレッジetc)を最大限に活用して、事業成長する事を意味します。

Organic Growth
Organic Growth

企業が内部資源(ヒト・モノ・カネ・情報・仕組み・ナレッジetc)を最大限に活用して、現状の製品やサービスの売上を伸ばし、成長しようとすることを指します。

M&A Growth
M&A Growth

企業が内部資源にはない、あるいは育成に時間がかかり過ぎる場合に、M&Aを通じてそれらを入手し、成長しようとすることを指します。

企業が内部資源にはないものを外部から導入するM&Aは大企業向けですが
中小企業はいかに内部資源を活用し、事業成長できるかが要となります。

OGSのマネジメント方法をオンラインで受講いただけます。

OGSのマネジメント方法をオンラインで受講いただけます。

このOGSマネジメントの人事評価構築講座では、スモールビジネスを営む経営者の方の為に、人事評価に対する考え方が主な中心となる前半部分の理論編を、オンラインで受講できるように対応しておりますので、お好きな時間やタイミングで学習でき、何度でも繰り返し受講する事ができます。

OGSのマネジメント方法をオンラインで受講いただけます。

講座内容ダイジェスト
第一部理論編

評価制度とは何か?を正しく理解する。

1.スモールビジネスを
取り巻く環境
  • ・「事業は人なり」だが、採用難は増大するばかり
  • ・スモールビジネスが事業成長するためには?
2.経営者のホンネを公開
  • ・アンケート調査結果のレビュー
  • ・50名未満の組織と50名以上の組織の共通点と相違点
3.評価の目的
  • ・評価は何のためにするのか?
4.評価の種類
  • ・評価には2種類ある(自己評価と他者評価)
5.評価と成長の関係性
  • ・成長にも2種類ある
  • ・正しい成長と誤った成長の分かれ道
  • ・成長を阻害する評価とは?
  • ・成長に導くための評価とは?
6.組織と個人
  • ・成長は個人だけではなく組織も成長が必要
  • ・組織→個人の評価、個人→組織の評価の両方向が組織を適正化する
  • ・定期的なサーベイやアンケートで組織環境を定量化
  • ・定量化しなければ、改善できない

当講座の
ポイント

座学ではなく、ワーク中心。

講座の前半部分である第一部では、

  • ・なぜ小規模な組織から評価制度が必要なのか?
  • ・評価制度を正しく設計しないと、どのような未来が待っているのか?
  • ・成長を妨げる評価はどのような評価なのか?
  • ・成長するのは個人だけでいいのか?組織は成長しなくていいのか?

組織の基準づくりや評価の考え方について、押さえるべきポイントを 厳選していますので、オンライン形式でも正しく理解が深まります。

また、評価の仕組みと事業成長の関係性が理解できるようになる事で組織拡大や事業成長の壁を打破でき、さらなる成長が望めます。

第二部 構築編
第二部構築編

組織が正しく成長するための評価制度:具体的な構築方法

理論編を学習していただいたら、次はいよいよ導入に向けた実践ワークです。
この構築に関して一番重要になってくるのは、
「理論編で学んだ内容をどうやって自社で正しく機能するように導入・運用していくか。」
これはオンラインではなかなか実践しづらい部分であるため、こちらは参加型の研修となり実際に講師と相談しながら構築をしていきます。

およそ4時間ほどの時間で、自社に合った評価制度の土台作りができるため、あとは自社に持ち帰って微調整するだけの状態を目指します。

ワークショップの様子

1.全体像 成長モノサシ(評価制度)
構築の全体像
  • ・組織図の明確化
  • ・等級・報酬・評価の3要素を接続させる
  • ・組織⇔個人の両方向でのモノサシ設計
2.組織図 組織図の明確化
  • ・タテ(役職)×ヨコ(部署)の機能を明確化
3.役割定義 役職・役割の要件定義
  • ・定量的要素:売上・利益・生産性・各種KPI
  • ・定性的要素:テクニカルスキル/ヒューマンスキル
4.昇降格条件 昇降格条件の明確化
  • ・昇降格条件の明確化
  • ・役職の昇格や降格の必要条件と十分条件
5.等級設計 等級の設計
  • ・等級段階設計
  • ・役職要件との接続
6.報酬設計 報酬の設計
  • ・ベース報酬、インセンティブ報酬、ボーナス報酬
7.評価設計 評価制度の設計
  • ・評価方法(評価者・評価基準・評価期間・査定期間)の設計
  • ・評価シートの設計
  • ・評価ポイントの設計
8.導入計画 導入スケジュールの設計
  • ・試験導入期間の設計
  • ・本格導入時期の設定

講座の後半は、前半で学んだ知識を基に「どうやって自社の制度として構築していけばいいのか?」について押さえるべき具体的方法をお伝えします。

等級・報酬・評価の3要素を正しく接続することで、組織や個人を正しい成長へと導くことができます。
そのためには、「組織図の明確化」「役職や役割の要件定義」「等級や報酬の設計」「評価基準の明確化」「評価シートの設計」「導入スケジュールの明確化」などが必要となります。


等級・報酬・評価の3要素

当講座の
ポイント

たった4時間のワークショップで、人事評価制度の構築方法が理解できます

ワークセッションでは、等級・報酬・評価の3要素をどのように接続すれば良いのか、実在する部署をピックアップしてその基盤や基礎となる骨組みの部分を設計していきます。

従業員満足度を高めるうえで特に大切な、等級・報酬・評価の3要素を正しく接続すること
で、人事評価制度の枠組みが完成します。


人事評価制度の構築方法

自社で正しく機能するかどうかの分かれ道
自社で正しく機能するかどうかの分かれ道

いくら構築の方法がわかっても、自社方針に沿って最適化できなければまた元の状態に戻ってしまうのでは…。

心配ご無用

評価制度の要となる「自社方針に適した設計」までを
OGS講師が徹底サポート!

正しい評価制度の枠組みが完成したら、次は自社方針に適した評価制度にカスタマイズしていく必要があります。同じ社員でも内勤者や技術職など職種によって数値化が難しい方の評価も、【見える化】し公平かつ明確にしていかなければなりません。

自社方針に適した人事評価制度が正しく設計できるかどうか。

ここが非常に重要なポイントになりますが、やってはみたけど上手く設計できず、導入が頓挫してしまって、結局元の状態に戻ってしまうケースが大変多く見受けられます。

人事評価制度の正しい考え方と作り方がわかっても、自社の方針に適した評価制度にできなければ期待する効果は得られませんし、社員のモチベーションを高めるどころか反対に混乱や反発が生まれて逆効果となる恐れが出てきます。

OGS講師が徹底サポート!

OGSマネジメントならそのようなご心配は一切不要です。

OGSマネジメントならそのようなご心配は一切不要です。

自社方針にあった評価制度のカスタマイズをOGS講師と共に実施し、受講後から最長2ヶ月の間でテスト導入できる段階まで手厚くサポート致します。

講師としっかり壁当てしながら作り込む事ができますので、導入までの大幅な時間短縮と、自社に適したより精度の高い設計が可能となります。

*設計支援はスタンダードコース以上が対象となります。

OGSマネジメントと他社人事評価構築サービスの比較
→右側にフリックしてご確認ください。
OGSマネジメント A社 S社 R社 社労法人A
サービス内容 人事評価制度構築講座

設計支援
コンサルティング コンサルティング コンサルティング 顧問契約
価格帯 98万円〜 350〜400万円 120〜300万円 × 2,000万円~ 5万円〜/月額
構築までの期間 2〜3ヶ月 2〜3ヶ月 × 3〜6ヶ月 × 3〜6ヶ月 × 1〜6ヶ月
導入の難易度 低い 普通 普通 高い 業種によってはバラツキ有り
システムの有無 × ×
判断基準は明確ですか?

人事評価制度1DAY講座受講者の声


株式会社STORY 杉山様
株式会社STORY 杉山
今回、この講座を受講するまでは、
人事評価についてどのような課題を抱えていましたか?
一応人事評価制度自体は、弊社の中にも仮のものがあってそれを基に評価してたんですけれども、どうしてもその経営者の主観がかなり多く入ってしまったり本当にこれが公正な評価なのかなっていうところにちょっと疑問があったのと、社員がこれからそのキャリアアップを考えていた時にやっぱりその将来がなかなか見通せないというところが固いかなという風に思ってました。
実際に講座を受けてみて、
一番學びになった点はどのような内容でしたか。
目標を設定する上で評価者がきちんと評価される人の目標を立てることが大事だとすごい教わったんですけど、これまではどちらかと言うと実際にその業務を行う人評価される人自体が何をしたいのかとか、そういう実勢をすごい大事に作ってはいたんですけれども、そこだけではなくて、やっぱり会社全体の目標を達成するためには評価者がきちんとその部署全体の目標が達成できるような目標を個人で落としておかなければいけないところに非常に気づきがあったかなと思います。
学んだ内容を実践していただいて、
何か社内で変化はありましたでしょうか?
目標がかなり具体的に明確になったので、何をいつまでにやらなければいけないのかといったところか、おそらく働いてるみんなも明確になってそこに向けてモチベーション高くやってくるようになったかなと感じてます。
実際に受講されてみて、この1DAY講座はどのような経営者の方に
受講していただくと効果が高いと思われますか?
全ての経営者にやっぱり受講頂きたいなと思ってるんですけど、うちも社員が5人という小規模なんですけど、 やっぱり人を雇う以上きちんと評価してあげるということが経営者の責任だと思っているので、一人でも雇っている人がいれば早めにこういった評価制度というのを構築していくのが良いんじゃないかな と思ってます。
最後に同じ経営者や管理者の方に対して、
何かメッセージをお願いします。
もちろん日々の業務ってすごい大事だと思うので、どうしてもそこに手が取られてしまったりするんですけど、今回1日の講座に参加させて頂いて今後その企業を成長させていくために今どこに本当に力を入れるべきなのかと改めて考える良い機会になったと思ってるんですね。
そのためにもやっぱり人って凄い大事ですし、彼ら社員たちがモチベーション高くやってくれることが最終的にはみんなも楽になりながらも、きちんと売り上げも上がっていくような環境を作れるとこに繋がると思ってるので、そこは業務を開けてでも来る価値はあるのかなという風に感じてます。
株式会社STYLE 池本様
株式会社STYLE 池本
今回、この講座を受講するまでは、
人事評価についてどのような課題を抱えていましたか?
まずは評価する意味とかそういったものが分からないで取り組めないというところで、実際にいろんな同業種の指標は持っていたり、セミナーを受けたりしたんですけども、土台となる考えとか、なぜそれを取り入れるかっていうところがやっぱり自分たちが理解しないと社員も理解できないので、まあそこにある意味、こうしか持ってなかったというところです。
実際に講座を受けてみて、
一番學びになった点はどのような内容でしたか。
そうですね。なぜある一定になってきた時にマネジメントとかで行き詰まるかって言うとそこがやっぱりっていうところで…。
そこ(評価制度)にブレがなく、しっかりビジョンが落とし込まれててそれを後はちゃんと道筋に乗っかって、皆が成長できるというところがなかったので、それが分かって良かったなーっていうところです。
学んだ内容を実践していただいて、
何か社内で変化はありましたでしょうか?
まずはまだ作成というところなんですけども、作成しながらも日々の業務を見ててこの項目入れたいなーとか、この項目はうちには必要だなっていうところが見えてきたので、まあそれをまた作る時にあの自社のサービス合わせて変化させて作ってる最中ですね。
実際に受講されてみて、この1DAY講座はどのような経営者の方に
受講していただくと効果が高いと思われますか?
まずはもうもちろん導入してない方もそうですし、将来店舗、僕ら店舗なんですけどあの人を雇用して行きたいっていう時に本当に(メンバーが)一人か二人の時から作るのが一番いいと思うんですけども、増えてからでは遅くなってしまって組織がいろんな方向に行ってしまって評価もバラバラになっていくので、起業した時にやるのが一番いいのかなと。
最後に同じ経営者や管理者の方に対して、
何かメッセージをお願いします。
そうですね。うちもにまだ2期目なんでまだスタートアップの会社なんですけど、評価制度がしっかり出来てない状態で何か大きなこと成し遂げようとしても足元すくわれると思うんで、土台をしっかり固めるという意味ではやっぱりまずあの当たり前としてやらないといけないと思いますし、それが社員に対しての責任という所だと思うので、自分たちがしたいことの前に、まずは目の前にいる方達が幸せになる状態をあのやるために今やるべきことだなという風に思いました。

講座の各コースについて

→右側にフリックしてご確認ください。
コース名 スタンダードコース
推奨
コンプリートコース
セット内容 980,000円〜(税抜)
通常では①+②=1,178,000円(税抜)
内訳はこちら
1,200,000円〜(税抜)
通常では①+②+③=1,776,000円(税抜)
内訳はこちら
内容
①評価制度構築のフレーム習得
【オンライン動画学習】

評価の原理原則を正しく理解する

【ワークショップ】

評価制度の骨組みを実際に設計する

+
②評価制度の設計
【個社対応】
  • ・評価者向け研修(2〜3時間)
  • ・全部門の評価項目・評価基準の設計
  • ・評価シートの設計
  • ・ボーナス報酬、組織サーベイの設計
etc
①評価制度構築のフレーム習得
【オンライン動画学習】

評価の原理原則を正しく理解する

【ワークショップ】

評価制度の骨組みを実際に設計する

+
②評価制度の設計
【個社対応】
  • ・評価者向け研修(2〜3時間)
  • ・全部門の評価項目・評価基準の設計
  • ・評価シートの設計
  • ・ボーナス報酬、組織サーベイの設計
etc
+
③評価制度の導入
【個社対応】
  • ・評価制度の導入説明会サポート
  • ・一般社員向け研修の実施(設計後の浸透)
  • ・評価制度テスト運用サポート
etc

各講座にはあんしん満足保証が付いています。
上記の表はセット価格を記載させていただいてます。
各サービスの単体価格は下記をご参照ください。

※単体価格
①「評価制度のフレーム習得」198,000円(税抜)
②「評価制度の設計」980,000円〜(税抜)
③「評価制度の導入」598,000円〜(税抜)
※価格は人数・規模により変動いたします。


スタンダードコース推奨
OGSマネジメント人事評価制度講座で一番人気のコース。自社方針に合わせた制度設計からテスト運用ができるようになるまで徹底サポート。受講から最長2ヶ月までの間で自社への最適設計を目指します。
コンプリートコース
スタンダードコースの内容に加え、社員の方への浸透を目的とした説明会などの支援サービスを行います。構築から導入まで最長6ヶ月の間で正しく運用・管理できる状態を目指します。

“本当にちゃんと設計できるのかな…。”
そんな心配は一切不要!
満足度を追求するため、とことんやりきります!

これだけ原理原則をわかりやすく落とし込んだ講座内容と、受講後の密度の濃い設計支援は他にはないものだと自負しております!

とはいえ、「本当にちゃんと設計できるのかな。」「高い費用をかけて失敗したくない。」
そのような心配にもお応えできるように、完全満足保証をご用意しました。

満足度を追求するため、とことんやりきります!
内容に自信が
あるからこそ

完全満足保証

[返金対応]

受講してみたけど、思っていたのと違った。役に立たなかった。
万が一、そのようなことになってしまった場合でも、誤解を招いてしまったことへのお詫びとして完全返金保証をおつけしております。
講座の中で紹介される数々のノウハウや、人事評価に対する考え方をあなたの会社で正しく機能するように全力で取り組みますが、それでも役に立たないと判断されたらご遠慮なくおっしゃってください。
実践編を受講後3日以内におっしゃってくだされば、無条件で全額返金いたします。

他にもたくさんの受講者様から受講後の感想をいただいております!

人事評価制度構築講座 受講後のアンケート結果

講師紹介

深石 圭
深石 圭 株式会社エックスラボ 取締役

株式会社エックスラボ 取締役。一部上場メーカーの新規事業部門にて経営企画等のマネジャーを歴任後、組織コンサルティングファーム(2019年マザーズ上場)へ。

営業兼コンサルタントとして7ヶ月連続で目標達成。累計100名の経営者や管理者の課題解決を支援する中で、藤と出会いエックスラボにジョイン。その後、OGSプログラムを開発、そしてOGS講師としてトレーニングを提供中。

悩みの種を一つずつ解決。
まずは無料相談をご活用ください!

私たちが人事評価制度を自社に導入する際も、様々なトライ&エラーがありました。その経験からどうすれば人事評価制度や組織マネジメントが正しく機能するのかを考え続けて今日に至ります。

人事評価制度に関する競合調査も多数行っており、比較検討する際にも必ずお役立て出来るものと思っております。

人事評価制度の導入をご検討中の方は、まずはお気兼ねなくご相談ください。 (相談したからといって、無理に勧誘したりしつこく営業する事は一切ございません。)

電話でのお問い合わせ 「評価制度のページを見た」とお伝えください。
06-7777-3079 受付時間:10:00〜19:00(土・日・祝日を除く)

ドメイン指定受信を設定されている方は、「ogs@xlab.co.jp」からのメールを受信できるように指定をお願いします。
当フォームはJavaScriptを使用しています。お使いのブラウザ設定によってはご利用できない場合があります。


お問い合わせの種類
興味のあるコース
お名前
会社名
役職
従業員数
メールアドレス
電話番号
ご相談内容
ご連絡可能な時間帯

評価シートのサンプルをダウンロードいただいた方へ、弊社担当者よりお電話にて評価シートの詳細について、説明させていただきます。

ご連絡可能な時間帯を選択してください。

プライバシーポリシー

株式会社エックスラボ(以下、弊社といいます)ではお客様に弊社のサービスをご利用して頂く際に、お客様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報(以下「個人情報」といいます)をご登録いただく場合がございます。

弊社は、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

弊社では、個人情報を以下の目的で利用させていただきます。

  • お客様に弊社が行うキャンペーンやアンケート、商品・サービスのご案内、メールマガジンの配信をするために、ご利用履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスなどの連絡先情報などを利用します。
  • 弊社のサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴などを利用します。
  • お客様からのご要望、お問い合わせに対する回答をするために、お客様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスなどの連絡先情報を利用します。
  • 不正な目的をもって商品を注文するような方にサービスのご利用をお断りするために、不正な目的での利用がなされたと判断したお取引に関するお客様の氏名、住所、ご注文いただいた商品の種類や数量、ご請求金額などの情報を利用します。

2.個人情報の管理について

  • 個人情報保護法やガイドラインに従って必要な社内体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
  • 個人情報の利用を業務上必要な社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
  • システムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
  • サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除していきます。

弊社は、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

  • 法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
  • 法令に特別の規定がある場合
  • お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合
  • 法令や弊社のご利用規約・注意事項に反する行動から、弊社の権利、財産またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

お客様から当社の保有する個人情報に関し開示の請求を受けた場合は、ご本人からの請求であることが確認できた場合に限り開示します。

Cookie情報について

当サイトでは、ウェブサイトにおけるお客様の利用状況を分析するため、あるいは個々のお客様に対してよりカスタマイズされたサービス・広告を提供する等の目的のため、Cookieおよび類似技術を使用して一定の情報を収集する場合があります。Cookie情報は各第三者配信事業者のプライバシーポリシー等に基づき、各第三者配信事業者ウェブサイトに記載された範囲内において利用されます。

お客様は、各第三者配信事業者ウェブサイトにあるオプトアウトページまたはお使いのブラウザの設定でCookie情報の使用を無効にすることができます。

4.プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

修正・改善された最新のプライバシーポリシーは、常に本ページにて開示致します。

5.ご質問やご要望について

プライバシーポリシーに関するご質問やご意見がありましたら、下記までお問い合わせください。

株式会社エックスラボ
担当:藤 勝行
E-mail:info@xlab.co.jp
電話番号:06-7222-3756
※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
専用のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの種類
名前
会社名
役職
メールアドレス
電話番号
ご相談内容

入力フォームへ戻る