中小零細企業や個人事業主がマーケティングに本気で取り組むべき理由

今日の記事タイトル、ちょっと偉そうなことを言っちゃってるなぁ。と思いながらも、これまで約15年ぐらいWEB集客やマーケティングに携わってきた経験から、思うところを書いてみようと思います。

僕の過去を振り返りながら、なぜ中小零細企業や個人事業主の方がマーケティングに本気で取り組むべきなのかをお伝えいたします。

はじまりは小さなホームページの下請け会社でした

僕がこの世界に足を踏み入れたのは、アルバイトで食いつないでいくことがしんどくなっていた時期に、知り合いの紹介でWEBデザイナーの仕事を始めたことがきっかけでした。

紹介してもらったのは小さなホームページ制作会社で、当時はホームページを専門に扱っていた営業会社から依頼を請け、ホームページを作って納品を繰り返す、というのが主な仕事でした。

そこで今の代表である藤と出会い、今でも一緒に仕事をすることになるのですが、当時は本当に人も少なく、一人で何役もこなしていく日々でした。

会社には僕と社長の二人、僕がお客様との打ち合わせをこなし、社長がメインとなるデザインを作り、細かいページを僕が仕上げていくという本当に流れ作業のような仕事をしていたと思います。

多い時には1日3件、新規の案件を受注し、僕ひとりで打ち合わせに周ったりしていました。

もちろん、お客様はホームページで集客が出来ることを期待してご契約いただいているのですが、案件数も多いし、仕事の数もこなさなければならなかったので、当時はそこまで全く頭が回っていませんでした。

ターゲット層は中小零細企業や、お一人で整骨院や整体院、美容室などを経営している個人事業主の方たちが多かったように思います。

今でこそ、フリーランスのデザイナーや、無料でホームページを作れるサービスがあったり、格安でホームページを手に入れることも出来る時代になりましたが、今に比べるとホームページを持つためにはかなり高額な費用が必要な時代でした。

しかし、そんな費用を払ってでも、ホームページに期待をしてくれていたんだと思います。

結局、期待に応えれていたのか?

おそらく、答えはNO。

僕自身の知識不足もありますし、お客様のために真剣にWEBマーケティングに取り組めていたわけでもありません。

次々と入ってくるホームページ制作の依頼に、ひたすら流れ作業でこなしていく日々の中で、どうすれば本当に集客に繋がるのか?お客様はどんな結果を望んでいるのか?などは全く考えることなく、ホームページを作って納品するということがゴールとなっていました。

中には、”たまたま”結果が出たお客様もいて、大いに感謝いただいた方も中にはいらっしゃいました。

でもそれは、狙った結果ではなく、本当に”たまたま”だったんじゃないかと思います。

相当な数を作ってきましたが、実際に当時作ったホームページ、及びURLにアクセスしてもまだ残っているものは、ほんの数件のみ。

ほとんどのホームページは閉鎖され、ドメインすら生き残っていませんでした。

マーケティングを意識したきっかけ

僕がマーケティングを意識しはじめたきっかけは、フリーランスのWEBデザイナーとして、自分で仕事を取ってきたり、紹介などで仕事を頂くようになってからでした。

その頃には、ホームページを作って終わりというよりも、継続的に管理を任されたり、相談を受けることも多くなり、よりお客様から結果を求められることが増えていき、必然的に結果を出すためにはどうすればいいのか?という思考にシフトしていきました。

結果を出さなければ、お客様は離れていきましたし、良い結果が出れば、予算も増えて次の仕事に繋がる。

今考えてみれば当たり前のことなんですけどね(笑)。

そして、マーケティングを意識することになった、もうひとつのきっかけがあります。

それはお客様に鍛えられたということです。

今でもお付き合いのあるお客様なのですが、本当に結果にこだわる担当者の方で、どうすればWEB集客の数字を毎月更新できるのか?と常に試行錯誤していらっしゃる方でした。

もちろんマーケティングに関してもしっかりとした知識があり、どうすれば自分たちの商品がもっと売れるようになるのかをよく議論したりもしていました。

その頃からでしょうか。作って終わるだけだったホームページ制作の仕事が少しづつ減っていき、今ではどういうマーケティングをしていきますか?という話からスタートする仕事がほとんどを占めるようになっています。

マーケティングを知らないと判断が出来ない

これも僕自身の経験則となってしまいますが、これまで請けてきた作って終わりのホームページの仕事をしていた時は、中小企業、零細企業、個人事業主関係なく、ホームページを持つこと自体が目的となっていました。

何のためにホームページを作るのか、どうやって集客をするのか、どういう人を集めたいのか、どこを競合に指定するのか、どうやって差別化を図るのか等、マーケティングに関する基礎的な部分が抜け落ちてしまっているため、本当に必要な依頼や、提案に対する判断が出来ないままになってしまいがちです。

中小企業、零細企業、個人事業主の方たちにとって、集客のために使う予算はとても大切なものです。大手企業のように、大きな予算が割り振られることもありません。

どこに、何を、どうやって投資するのか?その判断をより的確なものにしていくためには、まずは自分自身でマーケティングを理解し、取り組む必要があります。

もし、集客に関する提案をもらった時、相手の言うことが本当に正しいのか、自分たちとの相性がいいのかどうか、本当に結果が出そうなのかを見極めるためにも、是非マーケティングを自社に取り入れ、文化づくりをしてみていってはいかがでしょうか。

それでは、また。

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事