人材育成の悩みを解決する、人の成長に必要な3つの要素
  • 何度も同じことを言っても、思うように動いてくれない。
  • 手取り足取り細かく指導しているのに、仕事を覚えてくれない。
  • 中途半端な所までしか出来ていないのに、本人はやりきったと思っている。

などなど、部下やスタッフにこのようなことで悩まされたことはないでしょうか。

この記事では人を育てなければならない立場の人が、具体的にどうすれば人を成長させることができるのかをまとめてみました。

今回ご紹介する内容以外にも、人を成長させるために必要な要素は多分にありますが、これまで自分流で人を育ててきたけど、なかなかうまくいかないと感じている方にとっては、是非一度試してみる価値があると思います。

部下の要領が悪いと決めつけないで、自分自身を磨くという思考を持つ

あなたは、あなたの部下が「なぜこんなにも要領が悪いのか」「なぜもっと考えて仕事が出来ないのか」「なぜ当たり前のことが出来ないのか」などと思ったことは無いでしょうか?

僕自身も経験があるのですが、思ったより部下の仕事が捗らず、もやもやした気持ちになることがありました。

自分が当たり前に出来ることが、なぜこうも出来ないのか。

まず、人を育てる役割を担ったあなたは、その考え方を頭の片隅に追いやることから始めなければなりません。

もちろん、人間は感情で動く生き物なので、その感情をゼロにすることは難しいのですが、「人を育てる」ということは必ず自分自身が「我慢」をしなければならない場面が多々出てきます。

人によって、与えられる役割や育ってきた環境が違えば成長スピードも異なります。

特に、叩き上げで育ってきた人や、自分がやらなければどうにもならない環境で育ち、生き抜いてきた人はその分成長スピードは群を抜いて速いと言えますが、そういった人材は「レア」な人材です。

そんな人達からすれば、なかなか仕事を効率よくこなしてくれない部下にイライラする気持ちもあるでしょう。

ですが、そこはグッと堪えて、「自分自身が人を育てるスキルを磨こう」という思考を持って、人材育成に立ち向かっていきましょう。

人が成長するために必要な3つの要素

それでは実際に具体的に成長を促すためのアクションを見ていきましょう。

役割与え、何をしてほしいのかを明確にする

あなたが思っている以上に部下は「何をどうすればいいのか」を理解していません。こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、それには理由があります。

その理由とは、「視座の高さの違い」によるものです。

もう少し噛み砕いて言えば、あなたと部下では仕事や事業に対する視点が異なるため、とも言えるでしょう。

あなたはこれまでの経験上、何をどうすれば、どう動くことでその結果がある程度予測が出来ます。

しかし、あなたよりも経験で劣る部下はそこまで先を見据えて仕事が出来るかと言えば、そうではありません。

これは役職の違いもあれば、技術的な差も要因になります。

ですので、あなたが感覚的に理解していることと部下が実際に理解していることに大きな差が生まれてしまうのです。

これを解消するためには、「何を」「いつまでに」「どれぐらい」を細かく明確にして指示を出す必要があります。

そうすることで初めて、部下が具体的に指示を理解し、業務に取り組むことができ、尚且あなたが部下に何を求めているのかをハッキリさせることができるのです。

「いい感じにしておいて」「なる早でやっておいて」「全力でやってみて」などの人によって受け取り方が違う言葉で指示を出してしまうと、あなたにとっての「いい感じ・なる早・全力」の感覚と部下にとっての感覚が違うため、もし仕上がった仕事の結果があなたの納得のいくものでなかった場合、部下からすれば「精一杯やってるのに・・・」という気持ちにしかなりません。

感覚的に仕事の指示を出すのではなく、役割を明確にして、具体的に何をすればいいのかを含めて指示を出すことで、部下は行動に移しやすくなります。

与えた役割を反復練習させる

スポーツや勉学においてもそうですが、一度与えた役割や仕事を完遂出来たからと言って、それで部下が業務を完全にマスター出来たとは言えません。

出来るだけ、繰り返し、反復練習をさせることも成長には不可欠です。

その反復練習を繰り返す中で、人は自ずと「どうすれば効率的に出来るかな?」という感情を持ち始めます。

その感情を仕組みにしたいのであれば、与える役割・仕事の具体的な目標値を
少しづつ上げてみてください。

前月より5%多くする、先週よりも1件多く受注する、などこれも具体的に指示を出すことで、部下の取り組み方は変わってくるでしょう。

何度も繰り返すうちに、部下はその仕事に対して自信を持って取り組むことが出来るようになり、その分、余裕を持って物事を考えることが出来るようになります。

そうすれば、次のステップに移行して、新たな仕事を割り振ることも出来、部下の成長に繋がっていきます。

部下の行動に細かく口出しをしない

プレイヤーとしての能力が高い上司にありがちな行動が、細かいアドバイスを部下に与えてしまうことです。

おそらく上司側の感情としては、部下のためを想って、もっと速く成長してもらうためにアドバイスをしてあげているのですが、アドバイスを常に与え続けてしまうと部下に「考える力」が全くつかなくなります。

まさに、言われたことしか出来ない部下が出来上がってしまうのです。

もちろん、アドバイスによって部下の行動が良い方向に転換することもあるので、全く必要がないとは言えませんが、アドバイスを与えることによる弊害を理解した上で、本当に必要なアドバイスのみ限定して与えることをおすすめ致します。

明確化された目標を立てたのなら、部下がそれをどうやってクリアしていくのかを見守ることも人材育成には必要なこととなります。

部下の成長を仕組み化する取り組みを

最後に、今日お伝えした成長に関する取り組みは、仕組み化することで個の成長を会社全体の成長としてつなげていくことが出来ます。

社員ひとりひとりが強くなっていくことで、会社や事業もまた、強くなっていきます。

この3つの取り組みを仕組み化するための研修プログラムが開催されます。

興味がある方は、是非下記よりご覧くださいませ。

従業員数30名未満の会社に最適な「社員を育てる」人事評価制度構築講座の詳細はこちら

それでは、また。

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事