【マーケティング初心者必見】マーケティングを基礎から考える。

マーケティングを基礎から学びたい方、経営力をアップしたい方ののためにOGS(Organic Growth System)では様々なマーケティング情報や経営力アップのための情報を書いています。

メルマガ読者のみの有益な記事(実践済みノウハウ)も公開していますので、ご興味がある方はご登録して下さい。

マーケティングとはそもそも何なのか?

Wikipediaによると「マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。」と書かれています。

少し難しい表現になっていますが、簡単に言うと「商品やサービスが最大限に売れる様にするための全ての企業活動」だと考えて問題ありません。

商品やサービスを販売する際に行う流れを簡単にまとめてみましょう。

※大体のイメージですので、業界によっては順番が違ったり、内容が違ったりもしますがイメージとして捉えて下さい。

①ふっとしたアイディアを思いつく。

②そのアイディアの市場調査や市場分析を行う。4P分析や4C分析など。

③商品の具体的な企画や開発、納期、広告宣伝や流通方法を考える。

④競合調査からポジショニング戦略を考え、顧客層(ペルソナ)を設定する。

⑤ポジション戦略やペルソナから考えた、価格設定やUSPを企画する。

⑥業種によれば店舗戦略や営業戦略、接客、流通方法を設計する。

⑦広告宣伝方法を考え、実行する。

⑧顧客満足度を調査し、リピート戦略を考え、顧客管理、LTVの最大化を目指す。

⑨PDCAを回しながら、改善を繰り返し、上記の精度を上げていく。

これら一連の全体図を「マーケティング(戦略)」と考えますので、この中から1つだけを取り上げて「これがマーケティングだ!」と言い切ることは出来ません。商品やサービスを最大限に売れる事を考える全ての事がマーケティングだとご理解下さい。

また、顧客の求めるものの変化や時代のトレンド、技術の進歩などで、時代と共にマーケティングの概念も変化していくことも合わせて理解しておきましょう。

マーケティングはなぜ重要なのか?

冒頭に「商品やサービスが最大限に売れる様にするための全ての活動」がマーケティングだとお伝えしましたが、経営に置いて「マーケティング」が最重要なのは言うまでもありません。もっと大きく言えば経理も、採用も、人事も、研究開発も、開発も、サポート業務(顧客満足度の最大化)も、全ては会社のマーケティング戦略の中で動きますので、「企業活動はマーケティングそのものだ!」と言い切っても過言ではないでしょう。

会社のVISIONを達成するためには市場に受け入れられなければいけません。そのために全ての企業活動があります。企業が倒産するのはお金が尽きた時です。お金を尽きさせないためにも、企業活動があります。

どういう角度で考えても「企業活動はマーケティングそのもの」なのです。

マーケティングを学ぶためには?

マーケティングを身に付ける方法は幾つかあります。

①大学やMBA資格で学ぶ

②コンサルタント・メンターを付ける

③社内にマーケティングのスペシャリストを採用する

④本やセミナーで学ぶ 

※おすすめ本やオススメセミナーなどはOGSメルマガで紹介していきます

今から大学やMBAの資格を取るのもハードルが高いですし、コンサルを付けるのも費用が掛かりますし、採用も人件費も掛かりますし、何より良いマーケッターは簡単には採用できません。

やはりオススメは④の本やセミナーで、社長であるあなた自身が学ぶこと。私達もそうやって学んできましたし、弊社のクライアント達にも最短でマーケティングを学んで頂き実践して結果を出してもらっています。

「マーケティングとは、商品やサービスが最大限に売れる様にするための全ての企業活動」です。

マーケティングを理解するという事は、経営に置いて最重要項目の1つですし、経営者の義務教育の1つです。

しっかりと学んでいきましょう!

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事