アフィリエイト広告があなたのビジネスに与える影響を考えてみる

あなたが展開する広告の中で、現在アフィリエイト広告を既に取り入れていますでしょうか?

今回は、直接アフィリエイト広告からの集客についてではなく、少し視点を変えて、アフィリエイト広告をはじめることであなたのビジネスに与える影響を考えてみます。

実際に私達が広告を担当しているクライアントにも影響があったことなので、その事例も交えて紹介してみたいと思います。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告とは、広告主があらかじめ宣伝して欲しい商品やサービスをアフィリエイトサービスに登録し、ブログやWEBサイトを持っているアフィリエイターの方たちに商品やサービスを自分たちの代わりに宣伝してもらう広告です。

成果報酬型の広告がほとんどなので、実際に成果が上がるまでは登録料は掛かりますが、広告費が発生しません。そして、自分たちで成果報酬の金額を決めることが出来るので、視点を変えればCPAをあらかじめ設定することが出来る広告だということもアフィリエイト広告の大きな特徴です。

アフィリエイトサービス(ASP)を選ぶ

アフィリエイト広告を始めるには、まずはじめにアフィリエイトサービス(アフィリエイトASP)を選びます。様々な会社がアフィリエイトサービスを提供していますが、その中でも代表的なものをいくつかご紹介致します。

A8ネット

提携しているアフィリエイターの数が非常に多く、私の経験上一番効果が高かったアフィリエイトASPです。アフィリエイターの多くは複数のASPを利用していますが、登録者数も多いことに比例して、有力なアフィリエイターの方が多数登録している印象です。アフィリエイターもランク付けされており、もしランクの高いアフィリエイターが紹介してくれるとなれば、非常に心強い成果を出してくれるでしょう。

https://www.a8.net/

afb

「アフィリエイトB」から「afb」として名称が変更され、こちらも多数の登録サイトとプロモーション数を兼ね備えたアフィリエイトASPです。アフィリエイターに対してのサポートも手厚く、友好的なイメージがあります。アフィリエイト初心者から上級者まで、幅広いアフィリエイター層を持っています。

https://www.afi-b.com/

バリューコマース

大手ショッピングサイト系を多数取り揃えるアフィリエイトASPです。大手ショッピングサイトと連携出来ることで、商品数が圧倒的に多く、アフィリエイターからすれば、様々なジャンルの商品を選ぶことが可能なため、サイトやブログのコンテンツに幅を持たせることが出来るのも特徴です。

https://www.valuecommerce.ne.jp/

この他にもアフィリエイトサービスは多数存在していますので、まずは自社の商品・サービスをマッチしたASPを選んで、アフィリエイト広告をはじめてみてください。

アフィリエイト広告の効果・影響

アフィリエイト広告のメリットとして、自分たちがコンテンツを作らなくてもアフィリエイター達が良質なコンテンツを作り出してくれる、といったメリットが挙げられます。

もちろん、大多数のアフィリエイターの方たちは初心者だったり、興味本位で始められたり、という方がほとんどです。しかし、中にはSEOに相当強いアフィリエイターもいます。自社の商品・サービスの情報が自然検索(オーガニック検索)で上位表示されることで、認知度は格段にアップすることでしょう。

その半面、アフィリエイト広告では、アフィリエイター達によってコンテンツが作り出されるので、掲載されている情報の質はアフィリエイター任せとなってしまいます。ある程度はアフィリエイトASPを通じて、コンテンツの質を管理することが出来ますが、完全に把握することは難しいでしょう。

アフィリエイト広告と集客の関係性

私達が広告運用をしてきた中で、非常に興味深い、アフィリエイト広告と集客の関係性を見つけました。

Googleの検索エンジンはアフィリエイトサイトに対して、そもそもコンテンツの質が良くないものを上位表示しません、ということを明記しています。

特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。一般的に、アフィリエイトのウェブサイトでは、アフィリエイト ネットワークのサイトの商品に関する説明を掲載しています。その結果、アフィリエイト ネットワークのコンテンツを中心に扱っているサイトは、他のサイトのコンテンツと差別化できる程度に十分な独自性のあるコンテンツを持たないため、Google 検索結果でのランキングが低くなることがあります。付加価値とは、価格、購入場所、商品のカテゴリに関する追加情報など、意味あるコンテンツや機能のことです。

アフィリエイト プログラム - Search Console ヘルプ

一言で言ってしまうと身も蓋もありませんが、Googleはあまりアフィリエイトが好きじゃないんだろうね、という話が社内では上がっています。それを決定づけたのが・・・

検索エンジンのアップデートでアフィリエイトサイトがランキング外に

以前、アフィリエイト広告による集客にかなり力を入れて取り組んでいた時のことです。

その時は、リスティング広告やDSP広告などを十二分に取り入れた上で、アフィリエイト広告にも力を入れ、順調に集客することが出来ていました。

しかし、Googleの検索エンジンがアップデートしたタイミングで、コンテンツを作ってくれていたアフィリエイター達のサイトやブログが軒並みランキング外へと追いやられる結果になってしまいました。

そのおかげで、まずはアフィリエイト経由のCV数(コンバージョン数)は軒並みダウン。件数が1割ぐらいまで下がりました。

更に影響があったのは、DSP広告などの「リターゲティングに基づくディスプレイ広告」です。CPAが月平均1.5倍に膨れ、CV数も伸びません。

アフィリエイターの方たちも苦労されたと思います。そして数ヶ月後、検索エンジンにフレンドリーなWEBサイトを携え、少しづつアフィリエイトサイトが検索結果の上位に上がり始めました。

そうなると、アフィリエイト経由でのCV数も安定してきて、更にDSP広告などのリターゲティングによりCV数も復活の兆しが出てきたのです。

アフィリエイト広告でリードナーチャリングされていた

これらを踏まえて言えることは、私達が担当していた案件にとって、アフィリエイター達の作る良質なコンテンツが「ナーチャリング(教育)」として機能していたという事実です。

もちろん、自社のWEBサイト単体で顧客を囲い込めることが一番てっとり早く、広告予算も減らせますが、アフィリエイターという第三者の目線から商品・サービスを紹介してもらい、購入を促してもらう。その過程にも注目する価値があるということです。

比較検討が当たり前の時代に、リードナーチャリングの必要性が上がり続けています。アフィリエイト広告を活用することで、自分たち以外の人が紹介してくれている状況を作り出し、自社の商品・サービスと見込み客の接触頻度を上げてみてはいかがでしょうか?

それでは、また。

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事