【2019年4月版】最短でGoogle広告を始める方法

今回は、インターネット広告と言えば?と聞かれれば一番最初に答えが返ってくるだろう「 Google広告(リスティング広告 )」についてまとめていきたいと思います。

折角ですので、この記事を読み進めてもらえば、Google広告をまだ使ったことが無い方でも、超最速?!でスタートすることができるようになるかもしれません。

Google広告とは

Googleでキーワード検索を行ったユーザーに対して表示される広告、及び関連するウェブサイト上で広告が配信されるサービスです。

特徴として、すでに何らかの情報を探しているユーザーに対してアプローチをかける広告なので、広告が表示されるユーザーにとっても親和性の高い広告のため、集客につながりやすい広告となります。

さらに、検索ユーザーだけでなく、Googleと提携しているブログなどのウェブサイト上で広告を配信することが出来るため、認知度の向上や潜在ニーズに対してのアプローチもかけることが出来る、非常に優秀な広告媒体です。

1.準備するもの

まずは、Google広告のアカウントを開設するために必要なものを準備します。

  • 広告のリンク先URL(ホームページ)
  • Gmailアカウント

これだけです。

広告のリンク先URLは、広告をクリックした際に飛ぶページになるので、現在ではそのほとんどがランディングページへのリンク先URLを登録することが多いです。

Gmailアカウントについては、既にお持ちの方であればそのGmailアカウントを使ってGoogle広告のアカウントを開設することが出来ます。

もし、まだお持ちでいないのであれば、下記リンク先からGmailアカウントを取得してみてください。

Gmail アカウントの作成 - Gmail ヘルプ

2.アカウントの開設

Gmailアカウントの準備が出来たら、早速Google広告のアカウントを作成してみましょう。まずは下記リンク先にアクセスしてください。

Google の PPC オンライン広告 | Google 広告 – Google

[今すぐ開始]ボタンをクリックしてログイン画面に移動します。

下記のようなログインページに進みますので、準備したGmailアカウントでログインします。

目的に合わせた目標設定

Google広告では、広告の目標を具体的に決めることで、より成果に結びつきやすくなると言われています。Google広告から求められる目標は、予め下記の3つとなり、それぞれに適したものを選びます。

1.電話問い合わせを増やす

  • 新規顧客の獲得を主に電話で行っている
  • 面会や予約を設定する前に顧客と話したい

2.店舗の来客数を増やす

  • 通常、顧客との最初の接点を実店舗で持っている
  • 顧客の来店を促したい実店舗を構えている

3.ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす

  • 取引のほとんどをオンラインで行っている
  • 商品の購入やサイトへの登録など、トラッキングできるアクションをユーザーにサイトで行ってほしい

僕たちは3番の「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」という目標に設定することが多いので、今回はこちらを選択して進めていきます。

基本情報の登録

アカウントを開設する上で、必要な情報を入力していきます。

ビジネスの説明

ビジネス名会社名やサービス名などを入力。
ウェブサイトドメインURLを入力。

ターゲットとするユーザーの所在地

配信エリアの指定広告を配信したいエリアを入力、もしくは選択。

商品やサービスを指定する

広告で使用する言語日本語のままでOK。
お客様の業種一番近い業種を選択。
この広告で宣伝する商品やサービスここに入力されたキーワードを元に広告が配信されます。

広告を作成する

広告見出し1(全角15文字)最も目立つ位置の広告見出しです。
広告見出し2(全角15文字)見出し1に続く目立つ位置の広告見出しです。少し変化をつけても◎。
説明文(全角45文字)見出しに比べ、より詳細にサービスを説明できる文章を入力。
広告のリンク先ページ
広告がクリックされた後に飛ぶページURLを入力。

画像の追加(任意)

画像(最大3件)画像をアップロードするか、既にGoogle広告に登録されたストック画像を選択することが出来ます。
ロゴ(最大3件)こちらも上記と同様。

広告の予算を設定する


一日あたりの上限予算を設定することができます。

キャンペーン設定の確認

ここまで一通り設定したことを確認してください。

内容に問題が無ければ、次へ進み、下記、広告費の支払いに関する情報を埋めていきます。

お支払い情報の確認

請求先住所の国そのまま(日本)
タイムゾーンそのまま(日本時間)
新規広告主様向けの特典もしプロモーションコードを取得していればこちらに入力

お客様情報

アカウントの種類そのまま
名前と住所広告費の請求先住所と名前を入力
メインの連絡先Googleからの連絡などを受け取れる連絡先

お支払いタイプ

自動支払いクレジットカードを登録しておけば広告費が途切れること無く自動で引き落とされますが、思わず予算が掛かってしまうことも。
手動支払い
予め広告予算を入金しておき、そこから掛かった広告費が少しづつ消化されていく方法。予算がコントロールしやすい。

お支払い方法

  • 振込
  • コンビニエンス ストアまたは Pay Easy(ペイジー)
  • クレジットカード

以上の設定をするだけで、Google広告を簡潔に設定することができます。

3.キャンペーンを確認する

上図が新規でキャンペーンが作られたばかりの状態。それぞれのパネルについて説明してみます。

マーケティングをゼロから学ぶ(キャンペーン)

作成したキャンペーンの名前です。設定した目標や広告配信のON/OFFの切り替え、配信スケジュールの設定などが行なえます。

広告のプレビュー

配信される広告のプレビューです。どのような広告が配信されているのかを確認することができ、広告文の編集などはここから行います。

インプレッション(表示回数)

インプレッションとは、広告が配信され、ユーザーの手元の画面上に表示された回数を示します。ある程度広告の表示回数が無いと、なかなかクリックされづらいので、非常に重要な指標のひとつです。

クリック数

クリック数は、読んで字のごとく、実際に広告がクリックされた回数です。インプレッションは出てるけど、クリック数が伸び悩んでいる時は、広告文がユーザーの興味を惹くことが出来ていない可能性が高いので、改善する場合には意識してみましょう。

費用

広告がクリックされて掛かった広告費用です。デバイス毎にどのような割り振りで配信されているのかが見れます。おそらくスマートフォンが一番費用が掛かってくると思います。(それだけ検索や表示されることが多い)

検索フレーズ

Googleでどういったキーワードで検索され、広告がクリックされているのかが表示されます。

予算

1日あたりの上限予算と月額あたりの消化予想額が表示されています。このパネルから、1日あたりの上限予算編集が行えます。

地域

現在設定されている広告の配信エリアが表示されています。

商品やサービス

業種の選択や、検索キーワードの設定などをこちらで再設定することができます。

ビジネスの情報

ビジネスの基本情報が確認、編集できます。

画像

Googleと提携しているウェブサイトに配信される広告と一緒に配信されるイメージ画像の設定ができます。

Google広告はもっと奥が深い

ただし、これだけの設定ではまだまだGoogle広告の本来のポテンシャルを発揮することはできません。

もっと細かくキーワードを設定したり、より精度の高い広告配信を行うためにはもう少し上級者向けの設定を行う必要があります。

今回はここまでですが、次回はより細かく設定をするための「エキスパートモードの使い方」を見ていきたいと思います。

それでは、また。

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事