クリック率の高いバナー画像を作る方法

ネット集客をする上で、バナー画像は切っても切れない、非常に重要な部分です。

どうすれば、クリック率の高いバナーを作ることができるのか、今日はWEBデザイナーとしての視点で記事を書いていきたいと思います。

既にご認識いただいていると思いますが、クリック率が高い、低いは実際に広告を出してみないとわかりません。

ですので、今日は過去の経験を元に、どのような改善をすることで、よりクリック率を高めていくことができるのか、そのアイデアを見ていきたいと思います。

クリック率を上げるためのバナー制作アイデア

背景色を変える

この手段は非常に簡単で、様々な場面で試してみています。

バナーを作る際に、背景色をガラっと変えるだけでクリック率に変化が見られます。

元とするカラーに比べ、極端に変化を付けたほうが、その効果が期待できます。

男性の写真 or 女性の写真

こちらはガラっとイメージが変わるアイデアです。

一般的には女性の画像を使った方がクリック率が高いと言われていますが、こちらもケースバイケースで、男性の写真を使った時の方がクリック率が高い場合もあります。

テストの引き出しとして試してみましょう。

動物の写真

これは個人的に意外だったのですが、商品やサービスに全く関係のない、動物の写真を使ってみるというアイデアです。

ただただ、可愛いだけなのですが、なぜかクリック率が上がりました。

クリエイティブのアイデアが中々出てこないなぁ・・・と悩んだ時には、是非一度お試しいただきたいアイデアです。

Googleディスプレイ広告風バナー

最近では、Googleのディスプレイ広告もデザインが変わり、この手のアイデアが使われなくなりましたが、一時期は結構見ました。

バナー画像でありながら、テキスト広告風のデザインをすることで、クリック率が高まったというアイデアです。

フォントもあえて、MSゴシックやメイリオを使うことで、より懐かしさが出てきます。

実は今でもこのアイデアのバナー広告をディスプレイで出稿していますが、かなり健闘している、なかなか優秀な結果を出しているものもあります。

新聞記事の切り取り風バナー

こちらも一時期流行っていた、新聞記事を切り取ったような、バナーのアイデアです。

過去、このアイデアでビジネスマン向けの商材を扱いましたが、なかなか良い結果を出してくれていました。

新聞の記事を真似ることのちょっと意外だった利点として、新聞独特の短い言葉で印象づける、というテクニックが学べたように思えます。

バナーひとつとっても奥が深い

いかがでしたでしょうか。

僕は元々デザイナー出身だったので、クリエイティブによって結果が全然変わっていくことをたくさん見てきました。

バナー画像ひとつとっても、ユーザーをサイトに誘導するという役割がありますが、それに付け加えて「質の良いユーザーを誘導する」ことも意識していなければなりません。

今回紹介させていただいたものは、決して確実にクリック率が上がるものではありません。

商品やサービス、ターゲットにしているユーザー層によってもデザインを変えていく必要があります。

様々なアイデアを試してみて、少しづつ広告の精度を上げていってみてください。

それでは、また。

人事評価制度導入プログラム

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事