気に入ってはいなかったID野球

野球は頭のスポーツである。

これをモットーに、考える野球やID野球で知られる野村監督。

しかし当の本人はID野球と呼ばれる事を気に入ってなかったそうです。

 

 

これは長年にわたって野村監督を陰で支え続けてきた松井優典元コーチのコメント

「野村監督のID野球の考え方の基本をファームでも浸透させるのだと思っていたのですが、そんなことは一言も言わない。命じられたのは【若い選手の人間形成をせよ】でした。」

実は「ID野球」のキャッチフレーズを野村監督は嫌いだった。

「何かいいキャッチフレーズはないか」と相談されたので、私が「データを重要視するという意味でインポートデータ、IDでどうですか?」と提案したが、乗り気ではなく、時間がなかったため仕方なく野村監督が採用したという。

野村さんはIDが野村野球と、思われたくなかったんです。

名将が心血を注いだのは、戦略面ではなく人間形成だった。

人間的に社会に出ても通用する人格、知識を持ちそして、考える野球を知っていて技術と体力を持った選手が9人揃えば監督はいらない。

究極の自主性野球。それが理想の野球だ。

そう言っていました。

野村さんは「監督のいらないチーム」を理想像にしていたんです。

監督がいなくても勝てるチーム。

細かい指示を出したり、ミーティングにすごく時間をかけている印象があったので、この話を知った時に大変意外だったのですが、野村監督が細かく指示を出すのは、試合前の準備までがほとんどらしく、その後はほぼ選手の自主性に任せてプレイさせており、大事な局面だけ指示を送っていたそうです。

つまり選手一人一人が考えて自走できる組織作りを目指していたわけです。

会社組織においても同じ事が言えますよね。

社員一人一人が状況判断ができるようになり、自発的に動く事ができる組織。

社長である自分がいなくても会社が回って自己成長できる組織。

では、自走できる組織とは一体何なのか?これについてお伝えしたいと思います。

自走できる組織の条件とは?

常に自問自答できる人財を育成する。

 

いつまでも上司からの指示を求めるいわゆる指示待ち社員。

指示がないと動かなかったり、何か問題が発生した時に自分以外のせいにする。などなど。

これは自分が責任を負いたくないという自己防衛の心理が働いている状態です。

与えられた仕事をただやるだけでは個人も組織も成長がありません。

仕事は与えられるものではなく創り出すもの。

メンバー、一人一人が自ら考え、自らの判断や行動に責任を持てる仕事ができる人財が育つような、環境作りを組織全体で構築し、浸透させていかなければなりません。

役割責任を明確にし、権限を移譲する。

 

会社や上司から指示された事だけをやるようになると人はモチベーションも下がり、自分の仕事において責任転嫁をするようになってきます。

この場合に有効なのが、責任を負いたくないという自己防衛心を逆に活用して、自発的に働かない事に対してのリスクを明確にする事です。

自発的に働かない事がいかにリスクを伴うかを示し、与えられたミッションに対して自ら考え積極的に行動できるように設計します。

公平な評価、明確なゴールを設定する。

 

どれだけモチベーションが高くても、明確な目標が見出せなかったり、結果に対する評価があいまいであれば、おのずとモチベーションも下がり、自社に対する貢献意欲も低下していきます。

反対に、会社のミッションと個人のミッションの達成がリンクするようなゴール設定を立て、その達成具合に応じた公平な評価を設定する事で自発的に結果を出そうと自走するようになります。

達成感が感じられると、自己承認ができるようにもなり、言われなくても自己成長できるように変化していきます。

この流れができてきますと、お互いが相乗効果を発揮できる循環型組織として、大きな事業成長が生み出せるようになります。

まとめ

ちなみに私たちエックスラボでは、四半期に一度各部署ごとに部署リトリートというプチ合宿のようなものを行います。

普段の仕事場である事務所を離れ、集中できる環境で各自で次の四半期の目標について明確なビジョンとアクションプランについて話し合います。

そうすることで、仕事は与えられるものではなく自ら創り出すものだとの自覚が芽生えてきます。

野村監督の理想の組織にはまだまだ程遠いですが自ら考え、自問自答しながら、新しい事に挑戦するメンバーたちが着実に増えてきています。

僕自身もそんなメンバーたちに影響を与えられまた与えていける存在になりたいと日々健闘中です。

もし社員のモチベーションが最近下がってきている、もっと自発性を促したいと思われたら、この部署リトリートを一つの改善策として考えてみてはいかがでしょうか?

今回の内容が少しでもお役に立てれば幸いです。

OGS公式サイト

Facebookでも情報を配信中
この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします

おすすめの記事